スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2008年03月24日

一の茶屋

10号線沿い東都農にあるさぬきうどんの店です。

僕は県内ではこのブログでも度々紹介する清武の「ふなや」とこの店のうどんが好きです。

取材などで県北へ行った時はだいたい寄り道して帰りますね。




“肉うどん”  (500円)


これぞさぬきうどんという感じの麺です。

コシと喉越しがいいですね。

ただ、宮崎人にはダシが物足りなく感じるかもしれないので、この肉うどんがオススメですね。

甘辛い肉と風味高いダシがイイ感じでマッチしてます。

で、肉うどんにはぜひしょうがを少しつけてもらいましょう。

この少しのしょうががアクセントになっていいんですよ。


妥協せず美味しいうどんを作る若いご主人のハートと、盛りつけが綺麗なところもお気に入りポイントです。

  


Posted by イッパチ at 22:55Comments(0)うどん・そば

2008年03月21日

よしや

怒濤の更新で一気にアクセスも増えました。

なかなか更新できてなかったので、何人かから喜びの声をもらいました。
こんなブログでも楽しみにしてもらえているかと思うと、嬉しい限りです。


今回紹介するのは一ツ葉のシーガイアテニスクラブ近くにあるお蕎麦屋さんです。

前々から噂では聞いていて、なかなか行けずにいたのですが、ようやく行ってきました。


出来てからそれほど経ってないような雰囲気です。

店内は席をかなりゆったりと配置してあるためか、かなり広く感じます。

大きな窓からは庭や松林が見え、それもまた雰囲気作りに一役買ってます。




“鴨南ざる” (1300円)


カツオの風味がしっかりとしたつゆに鴨の旨味がプラスされて、かなり高級な味わいでした。

蕎麦は細めで香りもあり、茹で加減が完璧でしたね。

〆はそば湯を注いでつゆを最後まで味わいました。


噂には聞いてましたが、宮崎では一、二を争う美味しさかも。

しかし、やはりお高いので、僕のような貧乏人はごくたまにしか行けないですね。

部長クラスのお昼ご飯というイメージですかね。  


Posted by イッパチ at 20:58Comments(3)うどん・そば

2008年01月16日

大輝

10号線を宮崎市内から高岡に向かっていると、生目辺りで「うどん」と書かれたのぼりが。

結構目立っているので以前から気になっていて、先日ちょいと行ってみました。


お店に入ると、なんだか薄暗く、人のいる気配がなく・・・・

よく見ると「隣にいます」との貼り紙があったので、隣の家と思われるほうへ行き声をかけても反応なし。

どうしようと、入り口付近をうろうろとしていると、家とは反対側の奥の倉庫からおばちゃんが出てきました。

どうやらその倉庫で麺を作っているようで、麺の入った箱を抱えてました。

メニューは釜揚げうどんメインで、それにアレンジを加えた物が少し。

値段はかなり安めです。




‘‘釜揚げうどん(大)’’  (500円くらいだったような)


麺は細めで、つゆはダシが効いていて、甘さはやや控えめな感じ。

つゆの入った器がUFOみたいな形をしているのがおもしろかったですね。


量も多く、味もまあまあで、値段も安かったのでまた行きたいと思うけど、フラッと行くにはちょっと遠いのが難点ですね。

皆さんも近くを通った時には行ってみてください。
  


Posted by イッパチ at 18:36Comments(2)うどん・そば

2008年01月06日

げん天

事務所の近所にうどん屋さんができたと「空海」さんから聞き、行ってきました。

といっても、もう2ヶ月くらい前の話なんですが。


ここ「げん天」はさぬき系のうどんが食べられるお店です。

お店の方もすごく感じの良い方でした。

さぬき系ということでこれを食べてきました。




‘‘ちくわ天ぷらおろしうどん’’ (700円)


やはりさぬきと言えばトッピングはちくわ天かなと思うので、頼んでみました。

うどん、ちくわ天はなかなか美味しかったですが、ぶっかけのダシの味が少し物足りなかったですね。

大根おろしの乗ってる分、薄く感じたのかも。


あと、値段が高く感じましたね。

宮崎には安くて有名なうどん屋があるので、「うどん=安い」と思う人は多いのではないかなと思います。

この牙城を破れるほどの特徴を出していかないと、宮崎の人にうけるうどん屋さんにはなれないように思います。

  


Posted by イッパチ at 01:10Comments(7)うどん・そば

2007年10月22日

ふなや 4つめ

このブログ最多出場、すっかりおなじみのふなやです。

ブログに紹介しないだけで、結構行ってたりします。


今回はそんなふなやでごちそうしてもらった、幻のうどんを紹介します。




‘‘幻の三色うどん  肉汁ざるで’’  (非売品)


最近店主のフナヤンがどうも宮崎産の小麦粉=地粉にはまっているようです。

で、いろんな物産館などを回っては地粉を仕入れうどんを打っているようです。

「高岡の地粉でうどん打ったから食べ来ないよ」

とメールが来たので、

「それやったら、普通のうどんとか最近出してる紫芋の粉を混ぜたうどんと食べ比べさせてよ」

とメールを返信。

そしたら、これが出てきました。

後にも先にもこっれきりだということです。

なので注文できないですから、ご注意を。


最近お気に入りの肉汁につけて食べました。


手前が紫芋を混ぜたうどん、左が通常のうどん、そして右が地粉のうどんです。

同じうどんでも粉が違うとこんなに違うのかと驚きでした。

味、食感、香りすべて違って、まったく別の食べ物です。



地粉のうどんの商品化までの道のりはまだまだ遠いみたいです。

けっこう美味しかったのでいつかメニューに並んで欲しいなと思います。

  


Posted by イッパチ at 18:59Comments(1)うどん・そば

2007年04月03日

吟匠庵

ここは、県立図書館の北側にある蕎麦の店です。

わりと最近できた店で、品のいい感じが漂っています。


去年の12月に一度友達と行っていらい、2度目の来店。


今回は



‘‘かき揚げそば (温)+変わりご飯’’ (1250+100円)


この日の蕎麦は椎葉さんのそば粉を使っていたようです。
蕎麦は風味も良く、美味しかったです。

かき揚げはちょいと油のキレが悪かったですね。
もちっと軽い感じに揚げて欲しかったです。

それと量もちょいと少ない感じで、物足りない感じが・・・


雰囲気やおばちゃんの接客は好感持てます。

 
蕎麦の店は他にもオススメがあるので、そのうちブログに書くとします。




吟匠庵

県立図書館駐車場入り口そば

営業時間  11:30~15:00  17:30~21:00

店休日  月曜日  


Posted by イッパチ at 12:10Comments(0)うどん・そば

2007年02月26日

ふなや

宮崎のいろんな飲食店を紹介するブログでも始めてみます。

祈念すべき第1回目は清武町加納にある釜揚げうどんの店「ふなや」です。


店主と同級生なので昔からちょくちょく行っていた。
以前は定食もあったけど、いまはうどんで勝負している。

同級生だからという訳ではないが、宮崎市内近辺では間違いなく一番美味しいうどんが食べれる。
粉も香川から取り寄せ、香川を中心に全国のうどんを食べあるきして研究している。

この店主は、宮崎では5本の指に入るほどの「うどんバカ」だと思う。(褒め言葉のつもりです)


宮崎の人は「○○ちょううどん」の影響で腰のないうどんばかり食べているから、腰のあるうどんは抵抗のある人も多いようだ。

しかし、「腰がある」=「硬い」というのではない。
腰のあるうどんには、モチモチしていてなんともいえない食感と喉越しがある。
そのうどんをこの「ふなや」では味わえる。





メニューはこんな感じ





この日はお腹が空いていたので、‘野菜天ぶっかけ大盛り’(750円)を注文。



いつものモチモチとした食感。
ツルツルとした喉越し。
宮崎によくある甘ったるい味ではなく、しっかりとダシの効いたツユ。



大盛りだったけど、あっという間に



ごちそうさまでした。(この日はマイ箸を忘れた為、仕方なく割り箸を使用ガーン



店主のオススメは「ざるうどん」らしい。
たしかに熱いうどんより、冷たいうどんのほうがよりモチモチ感を味わえるかも。


みなさんもお試しを。





釜揚げうどん ふなや

宮崎郡清武町大字加納乙454-1
℡0985-85-3159

11:00時~16:00時(麺切れ次第終わり)

定休日 日曜日+月1回ほど不定休(店内カレンダー)
駐車場 7台  


Posted by イッパチ at 17:59Comments(17)うどん・そば